HEART MARK VIEWING ワークショップ


今日はわわプロジェクトルームにてHERAT MARK VIEWINGのワークショップが行われました。

HEART MARK VIEWINGとは、被災地を想う気持ちを♥という形に込め、
ハートマークをつなげて作った大きな布で、避難所を飾ろうという活動です。

今日ははるばる宮城県山元町からのご参加の方がいらっしゃいました。

その彼女ご自身も被災されており、夏に3331にお越しの際にHEART MARK VIEWINGの活動を知り、
地元の方々と仮設住宅でハートマークビューイングのワークショップを行い、出来上がったものをご持参してくださいました。
hmv02.jpg

宮城県山元町からのカラフルな超大作!
仮設住宅でのワークショップの際には、仮設住宅にお住まいのおばあちゃまから小学生の男の子まで、たくさんの方にお集まりいただいて作られたそうです。

中でも印象的なことは、地元にイチゴ農家の方が多いということもあり、イチゴのモチーフがたくさんあしらわれていたこと。
hmv01.jpg
イチゴが他にも至る所に・・・
ハートマークならぬイチゴマークビューイングは、地元への想いが一枚一枚に込められた、気持ちはハートフルなものとなっていました。
そんな素敵な作品をそれを見ながら、今日の参加者の方も頑張ること3時間余り、今日の一枚が出来ました!
hmv04.jpg
完成したものを並べて・・・
今日繋いだ♥たちです。
hmv03.jpg
今日のワークショップで繋いだ一枚も、どなたかの仮設住宅に届けられます。
作った人のハートがいっぱいの景色が、どなたかのハートに届きますように。
HEART MARK VIEWING
Twitter: @HEARTVIEWING
インターン たじま

PAGE TOP に戻る