3.11映画祭へのメッセージ(関係者の皆様より)


3.11映画祭、関係者の皆様からメッセージをいただきました。
ありがとうございます。
*****************



箭内道彦 さん(「あの日〜福島は生きている〜」発起人)
「あの日〜福島は生きている〜」はとても静かな、静かな映画です。2011年9月福島県で行われた6日間の野外ロックフェス、そこに集まった人の”その後”を追ったドキュメンタリーです。ぜひご覧頂けたらと思います。
▶上映作品
*****************



鎌仲ひとみ さん(映像作家)
3.11以降、放射線・被爆に関して、日本は最も危機的な状況に置かれていると感じています。
それだけではなく(中略)これからどうして私たちがつながりあって助け合っていけるだろうか、
そういうことを映像を通して皆さんとシェアできたらいいなと思っています。ぜひ映画祭にいらしてください。
▶上映作品
*****************



下山和也 さん(「僕らはココで生きていく」監督)
3.11映画祭に集まった全32作品の中には、悲しみや苦しみだけではなくて
生きていくためのヒントがいっぱいつまっていると思います。
是非皆で映画祭楽しみましょう。
▶上映作品
※15日 トークイベントゲスト
*****************



髙田彩 さん(ビルド・フルーガス代表)
わわプロジェクトの皆さんには、震災直後から被災地の声に向き合い、
支援者と被災者のハブとなって連携をとらせて頂いていること心強く感じております。
これからも東北と社会の届きにくい声を発信し続けて頂ければと思います。
▶関連作品
展示:12:00〜20:00
参加無料
※15日 トークイベントゲスト
*****************
あおい有紀 さん(アナウンサー、和酒ソムリエ)
東日本大震災から3年。阪神大震災の時も、3年目から被災地の企業がかなりの数倒産したのだそうです。我々の復興支援の想いが薄れていったことが要因の一つ。現状を知り、また今個々に応援できることを考え、続けていきたい。真の復興は、これから。
*****************

PAGE TOP に戻る