被災地写真洗浄ボランティア


わわプロジェクトでは、「富士フイルム株式会社」と共に、東京プロジェクトルームがある「アーツ千代田3331」のご協力のもと『被災地写真洗浄ボランティア』を主催しております。

senjo01.jpg
ビニール手袋をして、一枚一枚の状態を見ながら丁寧に水洗いをしてゆきます
参加して頂くボランティアのみなさまの中で、
写真洗浄作業の経験者が未経験者に教えるという形をつなげて、
毎日多くの方にご参加頂いています。
多い日で一部屋に40名近く集まることも。
洗う場所、干す場所もあるので部屋がびっちり詰まります。
senjo03.jpg
一時間も作業をすると「乾燥」のために干される写真がびっしり
東京で、被災地の為にできることのひとつとして、
写真洗浄は非常に重要な活動と言えます。
東京でもできるアクションとして、まだ未経験の方にはぜひ一度参加して頂きたいです。
被災から7ヶ月が経ち、日に日に状態が悪くなる写真。
銀塩のカラー写真、モノクロ写真、ポラロイド写真、プリクラ、賞状に飛行機のチケット。
写真洗浄と言っても、いろいろな思い出の形があります。
senjo04.jpg
水洗いに耐えられそうも無い、状態の悪い写真はデジタルカメラで複写して、プリントアウト。
元通りとはなかなかいきませんが、綺麗に洗って、一枚でも多く持ち主のもとに戻るために、
ボランティアに参加している皆様は丁寧に、テキパキと洗浄を行なっています。
senjo02.jpg
チームを組んで、「ばらし」「洗い」「乾燥」の作業を分担して作業を進めます
なかでも、ボランティアさんを束ねて作業を指導するボランティア・リーダーさんには、頭が上がりません!
本当に本当に有り難うございます。
3331では10月3日から23日までのあいだ、毎日洗浄を行なっています。
写真洗浄ボランティアの詳細は下記のアドレスをご確認下さい。
未経験者の方でも十分ご参加頂ける作業です。せひご参加下さい。
わわプロジェクト あざみ

PAGE TOP に戻る